LECTURES

担当講義

CAD演習Ⅰ -演習3-

テーマ:3D課題 "Double windows"

 前課題までは2D図面の基礎を学び、その技術を習得してきた。本課題はCADを用いて建築図面である3D図面を適切に表現できる基礎を身につけるとともに、立体や空間を用いた図面によるプレゼンテーションを習得することを目標とする。

課題説明・提出要項

◯提出図面:CADで制作した3D図面[正面図(寸法記入)とパースまたはアクソメ]
◯提出期限:授業中に指示。
◯提出先 :授業中に指示。
◯課題内容:形式の異なる二つの窓を含む5000mm×3000mm×200mmの壁面を作成すること。なお、開口部の大きさは1.5㎡と2.5㎡の二つを作成する。窓に使用できる一枚のガラスは1800mm×1200mm×4mmを最大とし、多角形などにする場合これをこえるものは使用できないこととする。さらに、一つの開口部の窓は開放し、もう一つは閉じた状態を表現すること。実際の窓を参考にしてもいいし、オリジナリティあふれる窓をデザインしてもよい。決して窓の形が四角形である必要はない。図面として窓の形式・形態・材質などが理解できる作品にすること。その他、壁などのデザインを工夫し、適宜着色を行う。その他自分のイメージしたものの特徴を工夫し表現すること。縮尺は各自自由とする。ただし正面図には必ず寸法を記入すること。
参考】窓形式:はめ殺し、引き違い、上げ下げ、開き窓など
◯注意事項:
・ A3用紙横使いで3D図面を作成し、図面はデータ提出ではなく、プリンタ等にて出力したものに限る。印刷はカラー印刷で行うこと。
・ 提出期限は必ず守ること。期限後の提出は認めない。
・ 提出図面に必ずタイトル・コンセプト(200字程度)・各図面名・縮尺を記入し、用紙右下に学籍番号・氏名を記入すること。
・ 提出期限直前は大変混み合うため、トナーやインク切れが起こることが予想されるので、早めの印刷を心がけること。

○CAI教室への飲食物の持ち込みは禁止である。教室から退室し飲食を行うこと。

作成する図面例

 本課題は壁(5000mm×3000mm×200mm)に開口(1.5㎡×2.5㎡)を空け、そこに窓をデザインすることである。各自資料を集め壁及び窓を作成し、タイトル、コンセプト及びその他表現に必要なものを加え一枚のプレゼンボードとしてまとめて提出すること。

ex1.jpgex2.jpgex3.jpgex4.jpgex5.jpg

3D制作チュートリアル

3D図面作成に用いるパレット
3D図面を描く時に用いるパレットは以下の図に表記しているものを用いる。基本は2D図面で使用したものと3Dツールパレットを使用する。

1.png

1.2Dツールパレット 2.属性パレット 3.スナップパレット 4.3Dツールパレット 5.壁ツールパレット 6.データパレット

3D用コマンド

モデル:モデリングを行うコマンド         

2.png

視点:どの方向から見ているのかを表示

3.png

レンダリング:モデリングしたものを画像化する

4.png

投影:3D図面の表示の仕方

5.png

3D作図の方法

柱状体

6.png

・ 2Dツールパレットから[四角形]を選び作図する。
・ 【モデル】→【柱状体】を選ぶ
・ 【ビュー】→【3Dを見る】→【斜め右】を選択する。
・ 四角柱が作成できる。

柱状体の高さは【階層】→【レイヤ】→【レイヤ設定】ダイアログボックスが表示し、△Zの欄に数値を入力する。【柱状体】を “shift”押しながら選択すると【生成 柱状体ダイアログボックス】が表示し、△Zが入力できる。または柱状体を作成後はデータパレットの奥行きで高さの変更ができる。

多段柱状体

7.png

8.png

・ 2Dツールパレットで適当な図形を二つ作図する。
・ 二つの図形を選択し【モデル】→【多段柱状体】を選択する。
・ 【ビュー】→【3Dを見る】→【斜め右】を選択する。
・ 四角錐台が作成される。

 最初に描いた方が下に、後から描いたものが上になる。元の図形を変えたいときは【階層】→【グループに入る】を指示すると図形が変更できる。

削り取る

9.png

10.png

・ 2つの柱状体を作成する。
・ 削り取りたい部分を重ねる
・ 【モデル】→【削り取る】を選択する
・ 【削り取る図形を選択】のダイアログボックスが表示するので、三角マークのボタンをクリックし、残したい図形が強調表示されるようにする
・ 〈OK〉ボタンを選択する。

光源

11.png

・ 3Dツールパレットの[光源]を選択する。
・ 平行光源を選択して、適切な場所でクリックする。
・ 【ビュー】→【レンダリング】→【openGL】を選択する

 平行光源の方向の変更は【レンダー】→【レンダリング】→【ワイヤーフレーム】を選択し[セレクションポインタ]で平行光源をクリックし選択する。光源を設定しなければレンダリングしても暗く表示してしまう。

12.png

1.ここをドラッグして高度(地面に対する角度)を変える。
2.ここをドラッグして方位を変える。
3.この位置で三角マークになったら、光源が移動できる。

inserted by FC2 system