BACHELOR

学士論文・制作

児童を含む歩行モデルの構築と群衆流の挙動に関する研究(論文)(2012)

山田 昇吾
優秀賞

 個体差による群衆に対する影響を把握するため、その中でも特に従来の成人歩行モデルとの身体的差異が大きく、かつ群衆を構成する要素として多数含まれている児童に着目し、直感的に認識可能な歩行状態観測モデルとして構築、従来の群衆歩行モデルに児童歩行モデルを混在させた場合の挙動の検証を行うことを目的とする。

プレゼンボード-01.jpg
プレゼンボード-02.jpg
inserted by FC2 system