BACHELOR

学士論文・制作

緑育学校(2009)

小川 智哉

森のにおい、自然がつくり出す豊かな色彩、葉の擦れる音など自然に恵まれた生活を行なうことは、視覚・聴覚・嗅覚といった五感を豊かに育てる。自然の持つ多様な情報と触れあうことで豊かな感性が育つため、自然を活用することは価値があると考えられる。本計画は自然のもつ力を活用した小学校を提案する。

01.jpg
02.jpg
03.jpg
04.jpg
05.jpg
06.jpg
07.jpg
inserted by FC2 system